吉川工業採用サイト
Maximize the potential
会社概要吉川のフィールド明日を創る先輩社員採用情報
明日を創る先輩社員 坂本直記
坂本 坂本 坂本

 私は、建設及び設備工事に伴う土建設計・施工管理等を担当しています。最近では、グループ企業の精密製品事業拡大プロジェクトのメンバーとして工場建設業務に携わりました。
 担当した業務は多岐にわたり、設備安定稼働の根幹となる機械の土台作り、いわゆる機械基礎工事を中心に建家意匠から外構計画の企画、提案、予算管理、工事管理までの幅広い知識が求められます。限られた期間と予算の中で、より良い設計を行い、工事中の安全な作業環境の構築や予期せぬ事態への対応や全体工程の調整等、貴重な経験を積むことができました。

坂本  弊社では鋼構造物の製作・架設工事等を請負っています。とりわけ橋梁製作は公共事業の一環であり、施主による品質確認など厳しい検査があります。この橋梁製作業務を入社2年目に他部門への業務支援として担当しました。担当者として仮組工事※で単独出張となった時は、厳しい検査のこともあり不安な思いもありましたが、自分が担当し製作した橋梁が実際に架かって多くの人がその橋梁を利用されていることを思うと、感慨深いものがあります。
(※工場では架設現場を想定し、事前に仮組立を実施し現場でのトラブルをなくした製品を出荷します。)
 高架橋や道路橋をよく見てもらうと分かりますが、中央付近が少し膨らんだ形になっています。橋自身、相当の重量があり、その上舗装などの自重でもたわんでいきます。そのため、あらかじめ反り(キャンバー)を付けて製作しますが、このキャンバー値の設定が非常に難しく、今回担当した工事でもあらかじめ上げ越して設定することで製作時の溶接や組立時の自重によるたわみにも対応可能としました。自分が設定した数値で製作したものが目標とする寸法精度内に収まり、お客様の要求品質を満足することができた時には達成感を覚えます。この仕事は自分で計画したことが形となって残る点に、何よりもやりがいを感じます。

 大学で学んだ事を生かし、さらに+αで何かあればと思っていたところ、弊社と出会いました。弊社では土木に限らず建築/電気/機械の分野を学ぶことができるので、幅広くスキルアップできると感じました。
 また資格取得等に対する支援体制が充実しており、若手社員が意欲的に取組み、成長できる環境が整っていると聞いたためです。(実際に、技術人材の育成強化推進ということでビシバシ鍛えられています。)
 そして就職活動中に採用担当の方と接する中で、人材を「人財」としてみてくれるところだと素直に感じることができたのも弊社を選んだきっかけとなりました。

 これからの就職活動ではぜひ活発に動いて色々な企業を知って視野を広げてみてください。そして、「自分にできる」仕事ではなく「自分がしたい」仕事を見つけていただきたいと思います。そうすれば自ずと仕事にもやりがいを感じてくるはずです。
就職活動では不安になることもあると思いますが、自分を信じて頑張って下さい。

 設備技術室の業務は、一言でいうと「大型設備投資案件の総合エンジニアリング」です。簡単に言うと、自社及び関連会社の設備新設や老朽化等の対処、工場建設・施工・立上支援を主な業務としています。
 機械・電気・建築・土木と様々なタイプの技術者が協力して、ひとつのモノ(設備・工場等)を作り上げるところが魅力のひとつです。

設備技術室 タイムスケジュール

08:00

出社・現場朝礼
 1日の作業内容確認
 作業要請・指示事項の周知
 徹底

08:30

場内作業開始
 工事管理(随時、作業指示)
 の実施

10:30

安全パトロール

12:00

昼食
 現場での昼食

13:00

工程会議/安全協議会の実施
 進捗管理と工事調整

15:30

安全パトロール

17:00

現場作業終了
 片付け、安全確認、当日の
 工事進捗管理
 工程進捗によっては残業

18:00

帰社
 資料作成、翌日の作業内容
 整理

19:00

退社

ある1日のスケジュールです
先頭へ