吉川工業採用サイト
Maximize the potential
会社概要吉川のフィールド明日を創る先輩社員採用情報
明日を創る先輩社員 竹田周平
竹田 竹田 竹田 竹田

 工場では耐食、耐摩耗、景観性等お客様のニーズに沿った表面処理(溶射)製品を製造しています。製品は様々ありますが、企画から製造まで全て関われるところが面白いと感じています。
 安全・品質・納期・コスト管理といった全体的な工場運営にかかる管理業務を行っています。製造品種が多く様々な製品に関われる面は面白いと感じますが、これらを全て管理する面においては苦労しています。

 入社3年目の、技術研究室所属のときにお客様より製鐵用ロールの寿命を延ばしたいとの要望を受け開発に着手しました。要求される特性を満足するために知見のなかった皮膜の複合化を検討し、先輩社員と毎日のように議論を重ね、試作・評価を行いました。失敗の連続でしたが、諦めずトライしたおかげで課題も解決し、製品化することができました。お客様の評価は良好で技術も特許化され、標準仕様として現在も使って頂いています。

 鉄鋼、エンジニアリング、エレクトロニクスといった幅広い分野で事業展開されており、技術的な面での興味がありました。また、この会社なら自分が学生時代学んだ金属、無機材料、有機材料といった物質についての知識や新たな材料や製造方法について自身の研究が活かせるのではないかと思いました。当事業部では金属をはじめ、セラミックス、樹脂等の材料を溶射材料として使用し、製品の高機能化を図っているため、物質に関する知見については学生時代に学んだことが大いに役立っています。

 私は、人前で話すという事自体があまり得意ではなく、ましてや自分を売り込まなければならない就職活動に高いハードルを感じていました。そこで自信をつけるために、これまでの自分を振り返り自己分析を徹底的に行い、後はひたすら面接の練習をしていました。
 まずは自分自身がどういった人間なのかよく分析し、そして自分に自信を持つことが大事だと思います。焦らず、前向きに自分に合った仕事、企業を見つけ、充実した社会人生活が送れるよう頑張ってください。

 表面処理事業部ではその名のとおり、溶射法を主体とした表面処理技術によってお客様のニーズに沿った製品の提供を行っています。
 溶射とは金属、セラミック等のコーディング材を熱源(ガス、電気)で溶融、吹き付ける成膜技術で、近年益々ニーズの高まってきた表面処理技術です。
 素材(鋼材等)に耐食、耐摩耗、耐熱、防鋳といった様々な機能を与え、素材の寿命を飛躍的に向上させるケースや景観性を目的としたカラーリング等も行っています。

表面処理事業部 タイムスケジュール

07:15

出社 現場朝会
 当日のスケジュール確認

08:30

体操 事務所ミーティング
 当日のスケジュール確認

09:00

工場パトロール、デスクワーク
 対話活動、管理業務など

12:00

昼食

12:45

工場パトロール
 対話活動、管理業務、運営
 会議等の出席

17:00

退社

ある1日のスケジュールです
先頭へ